☆Firenze ☆Firenze☆

フィレンツェ街情報・グルメ・Shopping・日常

サーモンのファルファッレ

スポンサーリンク

今日の我が家はリボン型のパスタを使った昼食

ファルファッレとは

ファルファッレはイタリア語で「蝶々」の意味。

単数形で「farfalla」→女性名詞複数で「farfalle」と変化します。

何とも可愛らしいネーミング!

サーモンとほうれん草のファルファッレレシピ

☆材料(2人前)☆ファルファッレパスタ200g、鮭フレーク40g、ほうれん草(我が家は冷凍を使用)、小麦粉小さじ2、牛乳180㏄、コンソメキューブ半個、塩コショウ、オリーブオイル

☆作り方☆

  1. ほうれん草をオリーブオイルで炒める(軽く塩コショウ)
  2. ほうれん草をお皿に移し、同じフライパンに鮭フレークをと小麦粉を入れ馴染ませる。
  3. 火をつけ、牛乳とコンソメキューブを入れとろみがつくまで混ぜる。
  4. ファルファッレを茹でる(パスタの袋に記載の時間)
  5. とろみがついたソースにほうれん草を入れる。
  6. 茹で上がったファルファッレとソースを合わせ、塩コショウで味を調える。

出来あがり!とっても簡単で美味しいパスタ。

女子力が高いパスタなので、我が家では雛祭りか国際女性デー・ミモザの日の昼食に食べます。

先週の国際女性デー・ミモザの日に作る予定だったのですが、差し入れの食糧でお腹が一杯になり延期になっていました。

ほうれん草のかわりにアスパラガスを使ってもとても美味しいソースです。

パスタもフェトチーネやリングイネでも!

クリームパスタが簡単に楽しめるレシピです。

 

Grazie!!! Smile!!!