☆Firenze ☆Firenze☆

イタリア日常生活・フィレンツェ街情報

オートロックの悲劇

スポンサーリンク

Buongiorno!!! Come state?

日曜日の朝、お目覚めはいかがですか?

日本の皆さんは昼下がり、もう夕食のお時間かしら?

昨日、思いがけず過酷な一日を過ごした私は、先程まで厚かましく眠っておりました。

オートロックの悲劇

昨日、朝5時半に夫が出勤し、その後、家事を済ませ、スーパーへの買い物を済ませて帰宅をし、荷物を下ろした時にアパートのベル!

外を見るとDHLのトラックが止まっていたので「もしや!日本からの救援物資?」と思い応答した後、扉を開けて、配送員の方が玄関で名前を呼ぶ声を待っていました。

イタリアの配達は、共用玄関までで住居扉までは配達してもらえません。

嬉しさのあまり、階段を降りながら、男性が呼ぶ名前をよく聞くと全く違う名前。

どうやら上階の中国人家族への配達だったようで、残念ながら我が家ではありませんでした。

「残念~」と配送業者のお兄さんと笑いながら話していると、後ろでバタン!という音。

...そうです、開けっ放しにしていた自宅の扉が閉まりました。

イタリアの住居扉はオートロック。

私は締め出されてしまいました!!!

あんなに気をつけていたのに~ITAMINKIAさんのブログで何度も注意喚起していたのに~

www.oumasan-itmka.com

ありゃぁ~、スーパーから帰ってきた直後だったため、靴もコートも身に着けていたのですが、バッグは家の中、そして、鍵も財布もバッグの中。

幸いにも携帯だけはポケットに入っていました。

夫に電話をしたものの、サービス業の夫はもちろん就業中で応答なし。

家に入るにはとにかく夫の職場に行って鍵をもらうしかなく、街へ向かうことを決心したもののバスのチケットを購入するお金もありません。

夫の友人が経営する散髪屋さんに行き、事情を話して10ユーロを借りて街に向かいました。

携帯の充電も減り始めてドキドキ。

夫の職場に着き、夫がいることを確認して、彼の手がすくタイミングをチェック。

繁忙時間が過ぎるまで街をウロウロし、午後3時過ぎに夫とようやく会えました。

家を閉め出されてから5時間が経過していました。

夫は呆れながら、「今日は早く仕事が終わりそうだから、仕事帰りに一緒にパパの病院に行ってから帰ろう」と提案。

パニーニをご馳走してもらって、夫の仕事が終わるまで図書館で時間を潰し、その後、夫と合流し無事に帰宅しました。

帰宅したのは午後9時。

もう、疲れと寒さでくったくた。

スーパーで購入した食材を大急ぎで冷蔵庫に入れました。

とにかく、気を付けよう!

「家の中に鍵を突き刺してなくて良かったよぉ~!!!これからは親友ロビィに合い鍵を渡しておこうねぇ~」と夫はとにかく明るい😊

夫の明るさに救われます。

イタリアにお越しの皆様、くれぐれもご注意を!

今日の天気 2020年1月19日(日)

最高気温11℃ 最低気温 0℃ 曇り時々晴れ

日の出:7時43分 

日の入り:17時07分

時刻 天気 気温 ☂%
  7時  😴  😴  😴
  9時  😴  😴  😴
 12時  ⛅  11℃  10
 15時  ☁  11℃  10
 18時  ☁  8℃  10
 21時  ☁  7℃  10
 24時  ☁  6℃  10

 

皆さんはどのような週末をお過ごしですか?

心身ともにリフレッシュできる時間があれば幸せですね。

今日も皆さんにとって笑顔溢れる一日になりますように😊

Buona giornata!!!

Grazie!!! Smile!!! 

   にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ