☆Firenze ☆Firenze☆

フィレンツェの天気と街情報

アペリティーボを楽しもう!

スポンサーリンク

イタリアに来られたら、是非、アペリティーボ(食前酒)タイムをお楽しみ下さい。

アペリティーボとは?

アペリティーボ(食前酒)とは、後の食事をより楽しむための習慣で、少しのお酒とおつまみを食べることによって食欲を増進させたり、食事シーンを和やかに楽しむためのものです。

イタリアでは夕食時間が20時以降、特にこれからの季節、21時開始が多いイタリア。

お腹が空いてたまりません。

そんな時に、とっても便利です。

仕事帰りに「ちょっとアペリティーボ行く?」というように、日本のチョイ飲み感覚であったりもします。

アペリティーボのシステム

お店によってアペリティーボのシステムが違いますが、1つドリンクを注文すると、ブッフェで食べ放題だったり、ワンプレートのおつまみが提供されたりします。

👇の写真は食べ放題タイプ。

飲み物を一つ注文し、おつまみ食べ放題で料金は一人5€(飲み物込)のお店。

👇のお店は一人3.5€(飲み物込)。

👇のお店はポテトチップスなどの他にワンプレートタイプ提供してくれます。

飲み物一杯2.5€。

お店はおしゃべり好きなイタリア人達で賑やか!

f:id:mariaitalia:20190405222906j:plain

アペリティーボで賑わう店内。

アペリティーボに人気の飲み物

食前酒にはスプマンテ、白ワイン、スプリッツ(アペロール、白ワイン、オレンジジュース、ソーダ)、アメリカーノ(ベルモット、カンパリ、ソーダ)、ネグローニなどが定番。

イタリア生まれのカクテルがやはり人気です。

フィレンツェではフィレンツェに所縁のあるネグローニを楽しむのもいいですね。

ネグローニとは?

ネグローニとはカンパリ、ベルモット、ドライジンで作られているカクテル。

名前の由来は、フィレンツェ、トルナブォーニにあった「カソーニ」の常連客、ネグローニ伯爵がアペリティーボに愛飲していたことから名付けられました。。

ネグローニ伯爵は美食家として有名だったそうです。

 

日本人には余り馴染みのないアペリティーボ。

私は、お腹が空いている時間のアペリティーボで欲張りに沢山食べしまって、夕食を食べれないことが多く...。

イタリア家族から文句を言われますが、仕方ないですね。

昼食をしっかり食べて、夜はアペリティーボで終了。というのもあり。だと思います。

週末には「アペリチェナ」といって、もう少し食事に近いタイプのスタイルも人気。

是非、アペリティーボをお楽しみ下さいね。

 

フィレンツェ中心部におすすめのお店があるのですが、3月まで開店時間が不規則でしたので、4月以降のスケジュールを現地で確認してからご紹介します。

 Grazie!!! Smile!!!